プロフィール

hidentoーto

Author:hidentoーto
人生は練功、しかしどこか壊れるまでがんばってはいけませんね。代償とのバランスってことも考えながらですが・・・。ちびりちびりと水分を取りながら、ゆっくりDVDで映画鑑賞。インプットとアウトプットって、バランスは無い感じがします。自分というミキサーがどんなパフォーマンス発揮できるものなのか、ってことかなぁ。。。とか最近。。。・・・あくまで全ての事を楽しんで向上していきたい。というか“本当に楽しいこと”だけを選んで進んでいこうと強くイメージ!!
 不調の時も絶好調。 つらいことやかなしいことも全ては肥やしやネタやタネやスキルアップやいろんなことやものになるものです。ナカーマガンガレ*^^*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

道尾秀介先生! staphスタフ、とてもヨカッタっしたぁ!

1. 笑うハーレキン
2. 片眼の猿
3. 骸の爪
4. 向日葵の咲かない夏
5. カラスの親指
6. 龍神の雨
7. 背の眼
8. ソロモンの犬
9. シャドウ
10. ラットマン
11. 月と蟹
12. 光媒の花
13. カササギたちの四季
14. 花と流れ星
15. ノエル
16. 鬼の跫音
17. 球体の蛇
18. 鏡の花
19. 貘の檻
20. プロムナード
21. 水の柩
22. 月の恋人 Moon Lovers (新潮社刊)
23. 光
24. 透明カメレオン
25. 弓投げの崖を見てはいけない (蝦蟇倉市事件1 所収)
26. staph スタフ
と読んでまいりました。次は、サーモン・キャッチャー the Novel、かな^^
スポンサーサイト

久々に書き込み。 「絶唱」で、湊かなえ先生本付け加えて更新です^^

1. 往復書簡
2. 贖罪
3. 告白
4. 少女
5. 花の鎖
6. 夜行観覧車
7. Nのために
8. 豆の上で眠る
9. 望郷
10. サファイア
11. 母性
12. 境遇
13. 長井優介ヘ(時の罠 所収の短編)
14. 物語のおわり
15. 少女探偵団(みんなの少年探偵団 所収の短編)
16. 山女日記
17. 絶唱

 やはり大好きな湊かなえ先生作品を、上の順番で読んできました。いろいろ他の作家さんの作品も挟みながらですが。
 ところで、主人公にご自身が大分反映されているのだと思われ、阪神淡路大震災の被災者(当時、武庫川女子大卒業間近の女子大生)ではあったんですね。とにもかくにも、「絶唱」よかったです。
 今、湊先生がOL時代だったかに読んだ小説の話を何かの記事からみまして、『氷点』(三浦綾子)を読んでおります。昔の作品ですが、面白いです。湊かなえ先生の肥やしになった作品の一つなんだなあ、とも思われますですハイ^^

年末ですね^^。無茶な練功を続けながら寄る年波もひしひしと感じ、例年の年末よりもふんばりが利かなくなってきていやす^^;

若竹七海先生の「暗い越流」を読んで、ふむふむなるほどこういう作風で、作家さんはこんな感じの方かあ、とかいろいろ感想とか煮詰めたその後に、スティーブン・キング先生の「書くことについて」を食い入るように(でも電車の中とかトイレとか何かの待ち時間とかでしか読めない忙しい中でというのは常日頃と変わらないですが)読みました。この文庫は座右にしようと思いました^^。人生は楽しい。まとめちゃうと余りに軽くなってしまい、そういうことではないのですが、ものを書くことの最終目的は自分も他人も「幸せになるため」だということ、至極響きました(ง°`ロ°)ง

stk.jpg

辻村深月先生もいいですねぇ

辻村 深月 先生の「朝が来る」を先ほどけっこう一気呵成に(とはいっても私の場合の一気呵成なので5日間かかっていますが^^;)面白くも深いテーマやし、それにうまい!流石や! とうなりながら、楽しませていただきました。

 ・『凍りのくじら』 (2006年 第27回吉川英治文学新人賞候補)

 ・『オーダーメイド殺人クラブ』 (2011 第145回直木三十五賞候補)

 ・『朝が来る』 (今年2016 第13回本屋大賞候補)

と辻村深月先生の三作品を読んでまいりました。

今は、メイプル超合金のカズレーサーがテレビでお薦めしていた、若竹 七海 先生の作品を読んでいます;
(暗い越流(2014年3月 光文社)を読み中。おもしろいです。メイプル超合金のカズレーサー氏の著者の作風紹介もよかた^^)

道尾秀介先生!「まだ26冊しか書いていないので」って、・・・うはぁ!♡

 1. 笑うハーレキン
 2. 片眼の猿
 3. 骸の爪
 4. 向日葵の咲かない夏
 5. カラスの親指
 6. 龍神の雨
 7. 背の眼
 8. ソロモンの犬
 9. シャドウ
10. ラットマン
11. 月と蟹
12. 光媒の花
13. カササギたちの四季
14. 花と流れ星
15. ノエル
16. 鬼の跫音
17. 球体の蛇
18. 鏡の花
19. 貘の檻
20. プロムナード
21. 水の柩
22. 月の恋人 Moon Lovers (新潮社刊)
23. 光
24. 透明カメレオン
25. 弓投げの崖を見てはいけない (蝦蟇倉市事件1 所収)

 と、読んでまいりましたぁ! 最新刊‟スタフ staph”の発売と合わせた、どこかの出版社の企画だったか何かのロングインタビューで、スタフまでの子供たち(作品のこと)みたいな表現で、26個みたいなことおっしゃってたなと、思って、これで26網羅できたんかなあ、あとはスタフ読もう、楽しみ♡・・・と思ってたのですが、今日氏のツイート見てみましたら、「まだ26冊しか書いていないので、これからもっと色々やりますぜ。」って。 今生出会えたことに感謝! 「人生をさぼらないこと」=「何かを作り続けること」というお言葉にも感動したでやんす。ありがとうございます!!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE