プロフィール

hidentoーto

Author:hidentoーto
人生は練功、しかしどこか壊れるまでがんばってはいけませんね。代償とのバランスってことも考えながらですが・・・。ちびりちびりと水分を取りながら、ゆっくりDVDで映画鑑賞。インプットとアウトプットって、バランスは無い感じがします。自分というミキサーがどんなパフォーマンス発揮できるものなのか、ってことかなぁ。。。とか最近。。。・・・あくまで全ての事を楽しんで向上していきたい。というか“本当に楽しいこと”だけを選んで進んでいこうと強くイメージ!!
 不調の時も絶好調。 つらいことやかなしいことも全ては肥やしやネタやタネやスキルアップやいろんなことやものになるものです。ナカーマガンガレ*^^*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

道尾秀介先生!「まだ26冊しか書いていないので」って、・・・うはぁ!♡

 1. 笑うハーレキン
 2. 片眼の猿
 3. 骸の爪
 4. 向日葵の咲かない夏
 5. カラスの親指
 6. 龍神の雨
 7. 背の眼
 8. ソロモンの犬
 9. シャドウ
10. ラットマン
11. 月と蟹
12. 光媒の花
13. カササギたちの四季
14. 花と流れ星
15. ノエル
16. 鬼の跫音
17. 球体の蛇
18. 鏡の花
19. 貘の檻
20. プロムナード
21. 水の柩
22. 月の恋人 Moon Lovers (新潮社刊)
23. 光
24. 透明カメレオン
25. 弓投げの崖を見てはいけない (蝦蟇倉市事件1 所収)

 と、読んでまいりましたぁ! 最新刊‟スタフ staph”の発売と合わせた、どこかの出版社の企画だったか何かのロングインタビューで、スタフまでの子供たち(作品のこと)みたいな表現で、26個みたいなことおっしゃってたなと、思って、これで26網羅できたんかなあ、あとはスタフ読もう、楽しみ♡・・・と思ってたのですが、今日氏のツイート見てみましたら、「まだ26冊しか書いていないので、これからもっと色々やりますぜ。」って。 今生出会えたことに感謝! 「人生をさぼらないこと」=「何かを作り続けること」というお言葉にも感動したでやんす。ありがとうございます!!

湊かなえ先生 の合間に スティーブン・キング ^^;

1. 往復書簡
2. 贖罪
3. 告白
4. 少女
5. 花の鎖
6. 夜行観覧車
7. Nのために
8. 豆の上で眠る
9. 望郷
10. サファイア
11. 母性
12. 境遇
13. 長井優介ヘ(時の罠 所収の短編)
14. 物語のおわり
15. 少女探偵団(みんなの少年探偵団 所収の短編)
16. 山女日記

 と拝読させていただいてまいりました^-^。ますます湊かなえ先生に惚れて惚れて、しまっております。(山女日記もたぶん全話ではなのでしょうけど、NHKのBSプレミアムでドラマ化ですね。番宣で船越英一郎さんの演じているところがチラっと見えたりしまして、これってあの40代公務員キャラの役なんでしょうね。)
(今は、「書くことについて スティーブン・キング 田村義進訳」を読んでいます。これがなんとも、私だからなんでしょうけど、血沸き肉踊っちゃって、実際二日連続で、熱中症の心配のなくなったアウトドアで、倒れる寸前まで、体を練磨してしまいました^^;  )

よくわからないけど

よくわからないけど(ブログのこと)、始めなければ、と遅まきながら、始めたこのブログが2007年の夏頃か・・・。「よくわからないけど始めなければ」と、今日フェイスブックなるものを登録してみました^^;。色んなかつてから今にいたる自分と縁もゆかりもある方々がいらっしゃいました^^; (名前を見たり聞いたりしただけで、一生親近感を覚えることは出来ないという、名前ってあるのですが((いわゆる一生許せない存在のことですね)) フェイスブックで検索したりしないですよ。そんなにひまじゃねぇ! どんなにやばい鬱状態に落ち込んでいる時だったりしても・・・だ!! ^^; 人間をなめるなあ!! 

湊かなえ先生:24歳!がなんかすっごいなんというかカワイイ!!

湊かなえ先生:24歳!がなんかすっごいなんというかカワイイ!!
2015年5月にアナザースカイにご出演された時に紹介されていました写真。
とても印象的です。
この時自分は三十歳になってたんだなあ。自分も大陸の山奥とかに仕事で飛ばされてたりしてたなあ・・・
さかのぼって、自分25歳、湊先生19歳の頃とかに、自分1100カタナのエンジン積んだGSでいつもソロツーリング、湊先生チャリダー、で北海道のどこかで会ったりしてないですかね。
湊先生、北海道で夏に太ももすっごく日焼けして走ったりしてませんでしたでしょうか? ^^;
なんてね。記憶の片隅に残るあの娘がまさか・・・だった・・・なんてこと、あったら面白いけどね。
カウメア!
minatokanae24.jpg
 当時、会ってたら、絶対惚れてしまいますよ~! そしてまたブロークンマイハートォ.. だったでしょう^o^ 

物語のおわり 湊かなえ を....創作の夢を追い続けているすべての人に読んでもらいたい

1. 往復書簡
2. 贖罪
3. 告白
4. 少女
5. 花の鎖
6. 夜行観覧車
7. Nのために
8. 豆の上で眠る
9. 望郷(
10. サファイア
11. 母性
12. 境遇
13. 長井優介ヘ(時の罠 所収の短編)
14. 物語のおわり
 と、湊かなえ先生の作品を読み進めてきまして、さっき “物語のおわり” を読了しました。
途中、何度か涙しました。電車の中とかで涙をこらえながら読んでいたりしました。
赤のカタナで北海道ソロツーリングなんて、1100カタナのエンジン積んだGS750で、20歳~26歳まで毎年夏は北海道へ行っていた自分もあったりしたもんで、なんともはや・・・・
 そればかりではなく、この作品、創作の夢を追い続けているすべての人に読んで楽しんでもらいたい、良くできた作品だなぁ~!
湊先生やっぱりあなたは、すごい!っす。って思いましたヽ(^o^)/
 
 そうそう、前回の書き込みで、「荻原浩さんの講演会「こうして小説を書いている」を拝聴してきました。とってもとっても勉強になり・・・」って書いて、その後、すぐに直木賞受賞!って驚きました。本当におめでとうございます!ヽ(^o^)/
 海の見える理髪店、読みたい=! って思ってるんですけど、なかなか、そこに至れない。 お勤め行って長時間拘束の仕事して、家事して、ギター弾いて、トレーニングして、娘や息子の頼まれごとに同行したりして、ヤフオクの出品から全ての対応しながら、マンガ演出やコマ割りのテクニック公開講座へ通ったり、いろいろしてて、時々頭痛とダルさで寝なければ!となったりで・・・。
 でもぉ!“歩みを止めなけりゃ、夢は逃げやしないから”(高橋優くんの「同じ空の下で」より) って、薄皮一枚でも進もうと、しています。  ^^
 

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE